« しらさぎ 緊急停止 | メイン | Developers Summit 2006 »

December 09, 2005

敷居が高い

hurdle.gif
コミュニティなどで見かける「敷居が高い」という言葉の誤用が、最近気になる。

「あそこのコミュニティは初心者にとって敷居が高い」
のような文をよく目にする。

この表現は間違いだ。

「敷居が高い」は「水準が高くて手を出しづらい」という意味ではない。
「不義理などをしたために、心にやましい所があって顔を出しづらい」という意味だ。

この誤用は多い。結構頻繁に目にする。
例えば、Google で「敷居が高い」を検索してみると、上位20件のうちの19件が誤用。
# 残りの1件は、 goo 辞書。

検索された誤用例:

よく、
「誤用、誤用というが、言葉は生き物だ。変化していくものだ。多くの人に使われていけばいずれ誤用でなくなるかも知れないんだ」
のようなことをいう人がいる。

そりゃそうだ。
私も、誤用をすべてなくすべき、とは考えていない。例えば、「ら抜き言葉」なんかは、今、正しい日本語になっていく過渡期なのかも知れない。そうした言葉の変化も文化のうちだと思う。

だが、「敷居が高い」の誤用は、明らかに「ハードルが高い」と意味を勘違いしたものだ。

「よく判らない言葉を背伸びして無理に使って、勝手に間違えた」みたいな格好悪いのを認めるのはどうなんだろう。
日本語にそんな格好悪い表現が増えていくのは、私は嫌だ。

同じような例として、以下に「混交表現」をあげてみる:

これらは全部間違った表現だ。
似たような言葉と間違えて使っているもので、「格好悪い誤用」の例だと思う。

投稿者 Fujiwo : December 9, 2005 11:50 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog0.shos.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/320

コメント