« Think IT のテスト駆動開発やチーム開発におけるテストの記事 | メイン | 雪空 »

December 22, 2005

オブラブイベント

『オブジェクト倶楽部 2005クリスマスイベント』に参加したので、レポートを書いてみる。

■ イベント詳細

イベント名 第5弾 オブジェクト倶楽部 2005クリスマスイベント
~プロジェクトを成功させる7つのカギ~
日時 2005年12月16日(金)
主催 オブジェクト倶楽部
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター
詳細 http://www.objectclub.jp/event/2005christmas/


■ 出発

朝。朝一番の空港への高速バスに乗るべく、雪道を車で移動。その途中、道を横断してふさぐ格好で大型トラックがスタックしていた。引き返して遠回りする羽目になり、バスに乗り遅れそうに。

空港への高速バスは雪による渋滞で、30分遅れ。朝一番の飛行機の出発予定時刻を過ぎて空港に到着する破目に。
でも飛行機は、雪でもっと遅れていたので乗れてしまうのであった。
oblb0500.jpg

飛行機は50分遅れで羽田に到着した。空を見ると、嘘のように晴れている。東京には冬がない、と私は思った。

電車で、会場の「国立オリンピック記念青少年総合センター」へ向かう。

■ 参加内容

会場に入ってみると、大勢の人。何でも300人くらいの参加者だとか。

oblb0501.jpg
オープニング with 全員参加型ワークショップ (オブ LOVE ワールド カフェ)『プロジェクト成功のカギ~現場からの声に耳をすませ~』には間に合わず。
oblb0502.jpg
参加するたびに感じることだが、このイベントは、ただ聴衆になって聴いていればよい、というものでなく、参加型のイベントであるらしい。つまり、積極的に加わっていくことで多くのことが学べるようになっているようだ。
そしてこの日、後で気付いたことなのだが、どうもオープニング トークを聴くことが、モチベーションをあげるのにとても大切なようなのだ。オープニング トークによって、参加する体勢にスムーズに入れる。だから、今回オープニング トークに間に合わなかったのはとても痛かった。


■ 帰り

さて、翌朝。各部屋にパソコンがあってインターネットに繋げられるホテルであったため、帰りの飛行機 (ANA) にオンラインでチェック インしようすると、「現在搭乗手続きを一時中止しております」と表記。
羽田空港にいってみると、雪のため欠航するかも知れないとのことだった。
やがて、「飛ぶには飛ぶが、着陸できなかったら引き返す、という条件で乗るか」ということになり、羽田を後にした。

東京は晴れていたのだが、
oblb0506.jpg
小松空港あたりまで飛んでくると、窓の外は分厚い雪雲で真っ白だ。雲の中に突然稲妻が走る。ひどく揺れた。空港の除雪作業のタイミングに合わせて降りるので、準備ができるまで、小松上空を回るとのこと。
やがて雪雲の下に出ると、かなりの低空飛行で、小松の滑走路に降りた。滑走路には雪が積もっている。
oblb0507.jpg
「雪雲がかなり低く、着陸可能か或るいは引き返すか五分五分だったが、なんとか雲の隙間から着陸することができた」と機長からアナウンスがあった。

福井に帰り着いてみると、相変わらずの積雪だった。
oblb0508.jpg

投稿者 Fujiwo : December 22, 2005 04:40 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog0.shos.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/326

このリストは、次のエントリーを参照しています: オブラブイベント:

» asphalt 8 hack from asphalt 8 hack
翔ソフトウェア (Sho's) Fujiwo の日記: December 2005 アーカイブ [続きを読む]

トラックバック時刻: August 24, 2014 12:22 AM

» free minecraft download from free minecraft download
翔ソフトウェア (Sho's) Fujiwo の日記: オブジェクト指向 アーカイブ [続きを読む]

トラックバック時刻: September 6, 2014 12:41 AM

コメント