« Tech・Ed 2005 Yokohama INETAイベント『デスマーチからの脱出 ~徹夜からの帰還~』 | メイン | 『リーンソフトウェア開発』ブックレビュー »

August 02, 2005

ボールジャグリング百科

bljglgec.jpg

ジャグリングの師匠や兄弟子が、紹介していたので買ってみた。
結構でかくて高い本だ。

読んでみると面白い。楽しく読み飽きない文章で、しかも示唆に富んでいる。
とても沢山のボール ジャグリング (トス ジャグリングとバウンス ジャグリング) の用語が、図解入りでアルファベット順に紹介してある。

基本的な技から世界中の誰も出来なさそうな技まで百を超える技が載っている。
殆どはまともな技だが、中には奇妙な技も載っている。

赤ちゃんを使ってジャグリングをしようというもの。といっても、赤ちゃんを投げ上げたりしないやり方が紹介されている。
これを読んで思い付いたのだが、私には三人の子供がいるので、我が子で Juggling with Children (3 Children Cascade) が可能だ。唯、体重が 4kg位、10kg位、20kg位とばらばらなので難易度が高そうだ。って、これ冗談として成立してるだろうか。

これもとても奇妙な技だ。ティラノサウルスの卵六個を使って二人でパッシングをする、というもの。「母親のティラノサウルスが近くにいないことをよく確かめろ」と書いてある。

投稿者 Fujiwo : August 2, 2005 04:15 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog0.shos.info/cgi-bin/mt-tb.cgi/227

コメント

子供たちが自律してカスケードするのはどうでしょう?自分から転がったりぴょんぴょん飛んだり。
って、全員集合の仲本工事みたいですね。

投稿者 wada : August 3, 2005 01:00 AM

wada さん、こんにちは。

>子供たちが自律してカスケードするのはどうでしょう?

いいですね。一人はまだ生後二ヶ月なので、ジャンプとかできませんけれど、いずれ。

投稿者 Fujiwo [TypeKey Profile Page] : August 3, 2005 08:53 AM